ダイバーシティ・マネジメント

Diversity and Inclusion (多様性と受容性)

diversity_logo.jpg一人ひとりの違いを認め合い、存在していることと、違いが価値として受容されて組織活動に活かされている状態のことを意味します

「人は本来、多様であり、一人ひとりが違って当然である」という考え方が根底にあります。性別や年齢、身体的特徴(傷病や障がいの有無)、国籍、民族などの表層的な違いだけでなく、外見からでは分からない経験、価値観、家族状況、生活スタイル、個人の考え方の違いも含み、すべての人がチームや組織に貢献できる状態を生み出すことをダイバーシティの概念には含まれます
diversity_01.jpg日本では、「多様性推進」、「ダイバーシティ・マネジメント」と表現されます。特に、最も身近でかつ重要な多様性推進として、女性活躍推進から取り組みを始める組織が多く存在します

関連ソリューション

「女性活躍推進:管理職対象のキャリアサポートプログラム」

ダイバーシティ・マネジメントの前提となる自己理解を促進し、女性従業員のキャリア形成を支援する姿勢を醸成します

「女性活躍推進:女性管理職育成実践プログラム」

登用前にミニマネジメントを体験し、管理職としての基本を身につけるとともに意識啓発を図ります

「女性活躍推進:女性リーダー育成プログラム」

自分らしいリーダーシップの発揮を目指し、管理職候補者としての必要な心構えの醸成とマネジメント力の啓発を行います

「女性活躍推進:キャリアビジョン研修」

セルフエスティーム(自負心・自尊心)の土台を醸成し、できること、すべきこと、やりたいことから「ありたい姿」を描きます

Norton/Pマーク
ページの上部へ