BCon eラーニングの特長

ユーザー数400万人以上の実績

BConのeラーニングは、世界の著名なビジネススクール教授陣と共同開発したクロスナレッジ社(本社:フランス)のコンテンツを、より日本向けにローカライズしたものです。 全世界で400万人以上のユーザーにご利用頂いており、日本では、2006年のサービス開始から、これまで7万人以上の方々にご利用いただいております。

多言語対応(標準で日本語・英語の切り替え機能付き)

世界標準のビジネススキルを学びながら、ビジネス英語力を磨き、グローバルにおいて通用する力を学習することができます。 1セッション平均学習時間30分のeラーニングと1タイトル平均時間3分のビデオラーニングの2種類のコンテンツの提供により、受講者に効果的な学習環境を整えます。

eラーニング:多言語への同時切り替えが可能

全セッションにて、ボタン1つで日本語、英語へその場で切り替えが可能です。日本語で学習した後、英語に切り替え英語音声を聞き、表現を確認したりと、ビジネススキルの学習だけでなく、ビジネス英語学習としてご利用いただくことができます。 ※別途、中国語にも対応可能。ただし、一部セッションには非対応。

ビデオラーニング:日本語・英語の字幕切り替えが可能

各ビデオが、日本語、英語へ字幕表示を切り替えることが可能です。日本語字幕から英語字幕へ切り替え、文字でセリフを確認することができるのでビジネス英語力強化に役立ちます。

考えることに重点をおいた学習ステップ

身近なケースからはじまり、確認クイズ、解説と体験学習に近いステップで学習が進んでいきます。学習が受身にならないよう、「考える」ことに重点を置いています。

img10.jpg

eラーニング+集合研修のブレンデッドラーニング

「BCon eラーニング」と「集合研修」を組み合わせ、「短い日数でも質の高い研修をしたい」というお客様のご要望に応えるプログラムです。また、BConのeラーニングはセッションを自由に組み合わせることができるので、お客様の状況(研修のねらい・対象者・期間)に合わせてカスタマイズすることができます。

elearning_plan_brand.jpg

ブレンデッドラーニングのメリット

集合研修の前にeラーニングを活用することで、研修参加者の知識の差を少なくしてから集合研修を実施することができます。また、知識の習得はeラーニングで行うため、集合研修では実践力を磨くための実習に重点を置くことができます。

また、学んだことを日々の職場で活かすには繰り返しの学習が重要です。しかし、日々の忙しい業務の中で再度まとまった時間を取り集合研修を実施することが難しい場合、eラーニングを活用してフォローすることをお薦めしております。

elearning_plan_merit.jpg

導入効果と基本ステップ

人材育成において”実践”を重視してきたBConには、フィードバック(指摘)やリフレクション(振り返り)を軸とした学習者の行動変容を助けるノウハウが多く蓄積されています。ブレンデッドラーニングでは、そのノウハウを存分に活かし、学習者の職場実践をサポートします。

elearning_plan_step.jpg

集合研修は数回に分けて、それぞれ異なるテーマのコースで実施することもできます。

コンテンツの組み合わせがカスタマイズ可能

BCon eラーニングのコンテンツはeラーニング(「体験学習」に近い学習方式 / 映画のようなストーリーによる学習方式 の2種)とビデオラーニングから構築されています。ご要望に合わせてコンテンツの組み合わせが可能です。

新人~経営層まで対応可能なコンテンツ展開

ビジネスに必要なマネジメントテクニック・ヒューマンスキル・ビジネスナレッジなど、さまざまな分野のコンテンツは、階層を限定したものではありません。求める人材に求める学習をして頂けるよう、数百のコンテンツからお選びいただけます。

期間中は何度でも復習可能

受講期間の1年間は、何度もコースにアクセスすることができます。日本語での学習後、英語に切り替え繰り返し学習することで、ビジネス英語力を強化することもできます。

 

 

Norton/Pマーク
ページの上部へ