BCon eラーニング:ダイバーシティ推進講座

新しいことを展開・徹底していくためには単に、知らないということが、実は大きな壁となります。 ”ダイバーシティ” ”女性活躍推進” ”ワークライフバランス” ”キャリア”などの基本的な項目に加えて、”管理職の役割”の「知識」を充足することで全社員の意識変容を促し、「身近なこと」「自分のこと」として捉えることから始めましょう。

 

ダイバーシティ推進講座 構築の背景

●ダイバーシティという言葉を聞くが、自分のマネジメントにどう影響するのかピンとこない

●まずは「女性活躍推進」を掲げ、女性社員を集めてモチベーションを上げる研修をやっているが、職場に戻ると上司の何気ない一言で結局やる気を下げてしまって効果が見られない

●トップや人事が繰り返し言っても「ダイバーシティ=女性のこと」と捉えがちで、自分には関係ないと感じる社員が多い

このような現象は、真のダイバーシティの意味合いを理解していないことが要因の一つとして上げられます。

そこでこのたび、弊社ダイバーシティ関連実績から導き出した大切な考え方を凝縮して短時間で学習できるツールとして「BCon eラーニング:ダイバーシティ推進講座」を作成しました。

ダイバーシティを推進するために不可欠な「理解する」プロセスを、より多くの関係者の方々が短い時間で得られるためのツールとしてご活用をいただければ幸いです。

ダイバーシティを理解する必要性

ビジネスコンサルタント(BCon)は、ダイバーシティを「多様な人材を活かすことが、組織にイノベーションをもたらし、競争優位の源泉となる価値創造につながる」取り組みであるという積極的な捉え方をしています。

そのため、ダイバーシティ推進の取り組みは、特定の部門・特定の個人に対してだけではなく、戦略的な経営方針との連動を必要とするものという考え方をベースに展開します。

例えば、

・よく分からないが、今さら聞けないという管理職

・日常業務が忙しく、このテーマで研修をやるだけの時間がないという人事部門

・男性が多く、女性をなかなか活かしきれていないという企業

・子育支援制度だけでなく、介護離職防止の準備やイクメンを育てていきたい

という企業 の方々に、

■短時間でも関係者に理解促進の機会を持つ

■ラインマネジメント、現場管理職の視点でのダイバーシティを学ぶ

■女性だけでなく社員全員が「働き方」を変える意味合いを理解する

■自分が持っている『無意識のバイアス』に気づくことを促します

 

多様性を理解・受容し、行動へとつなげるための第一ステップとして、ダイバーシティに関する理解促進を全社員に積極的に行うことが必要であると考えています。

ダイバーシティ推進講座 の特長

1

なぜ今ダイバーシティが重要と言われるのか。時代背景と課題が理解できる

このeラーニングでは、「ダイバーシティとは」の序章で”性別だけでなく働き方の多様化、グローバル化等も含めてダイバーシティ”と定義しています。昨今なぜ「ダイバーシティ」や「女性活躍推進」と言われるようになったのか、各国との違いは何か、今後想定される未来像は?などの時代背景と課題が理解・整理できます。

2

実際はどう思ってる?心の声まで聞こえるリアリティある『実務的』学習内容

アニメーションとナレーションを効果的に活用し、リアリティある事例をいくつも入れた『実務的』な学習内容です。現実の対人関係では聞こえてこない「心の声」がナレーションで聞こえることから、表面上で起こっているコミュニケーションとは違う感情が動いていることを知ることができます。現場でおこりうる上司部下のやりとりが多数含まれており、自己の言動を振り返るきっかけになります。

3

約45分(全3章+クイズ)の短い時間で期間内何度でも学習可能

各章約17分の全3章。「ダイバーシティとは」「ダイバーシティ推進の基本姿勢」「職場でのダイバーシティ推進」。確認クイズにより理解度の確認を行う事ができ、全コンテンツ約45分ほどで学習していただくことが可能です。またID有効期間内は何度でも視聴可能です。

コンテンツ内容

preview_diversity

■画像をクリックすると「はじめに」のサンプルを視聴できます。

 職場でよくある会話を例に、ダイバーシティが必要とされる背景から講座がはじまります。

 ※お使いの端末によってはご覧いただけない場合もございます

内容 学習時間
イントロダクション はじめに 約4分
第1章 ダイバーシティとは(歴史・他国との比較) ダイバーシティの定義 ダイバーシティの必要性(背景・期待) 企業が注目するダイバーシティ クイズ2問 約16分
第2章 ダイバーシティの基本姿勢 違いを受容する 固定化された見方バイアスに気づく 約17分
第3章 職場でのダイバーシティ推進 コミュニケーションギャップを減らす ワークライフバランスの実現に向けて キャリアと働き方を考える 管理職の役割 約17分
総合問題 総合問題8問 4分

活用シーン

活用シーン1:女性活躍推進アクションプランの施策として

「最初の一歩として効果的です」

新しいことを展開・徹底していくためには、関係者全員の取り組みに対する理解があるということがとても大切です。

経営トップが明確なコミットをしている場合は、全社員が受講し、”ダイバーシティ”に対するベクトル合わせをして土台を作ることをお勧めします。

 

■対 象:全従業員

■展開例:

action_plan3

活用シーン2:管理職研修の一環として

「これまでの風土・常識を覆すのに効果的です」

男性だから…女性だから…外国人だから…時短勤務だから…

仕事とは…職場とは…管理職とは…母親とは…など

人は自分なりに世の中を見る特有のメガネを持っています。しかしそのメガネが古かったり汚れていたりするとよく現実が見えません。管理職は自分自身の行動・言動が職場の風土・規範をつくることを認識し、自分の中にある当たり前(バイアス)に気づくことが重要です。

そしてその後の管理職研修では、eラーニングで気付いたバイアスを意識しながらケース討議を行い、自社のダイバーシティガイドラインを作ることをお勧めします。

 

■対 象:全管理職

■展開例:

manager_step

活用シーン3:育児休業復帰/介護休業復帰社員のオリエンテーションとして

「不安解消に効果的です」

・育休復帰して、これまでと同じような仕事の仕方は難しい… 役に立てるか不安

・これまで前例がないなかで大丈夫か… 周囲からどのようにみられるか不安

・時短勤務だと会社に貢献できる仕事は任せてもらえないのではないか…など

育児休業明け・介護休業明けの社員が様々な不安を抱えます。そんなタイミングで学習機会を持つことで、「違う目線を持った人たちが集まることが経営にとって非常に価値のあることである」という事実と、これからの新しい役割を理解することができます。

 

■対象:復帰対象者 ならびに 受け入れ管理職

■展開例:

maternity_leave

費用・お申込案内

費用

ダイバーシティ推進講座のみ              1コース¥10,000-(税抜)/1ID

◆ダイバーシティ推進講座+標準コース(選択4コース)  5コース¥20,000-(税抜)/1ID

    

ダイバーシティに関する学習に加え、マネジメントテクニックやヒューマンスキル・ビジネスナレッジに関するeラーニングとの併用学習も可能です。BCon eラーニング標準コースより4コースを選択し、本「ダイバーシティ推進講座」1コースをあわせた計5コースとしてご利用いただけます。

標準コースは40コースから4コース選択してください。 →こちらの一覧より選択ください

 

※BCon eラーニングはクロスナレッジ社(本社:フランス)が世界の著名なビジネススクール教授陣と共同開発したコンテンツを、BConがより日本向けにローカライズしたものですが、「ダイバーシティ推進講座」のみ日本で独自開発しております。

※BCon eラーニングは多言語対応(標準で日本語・英語の切り替え機能付き)ですが、「ダイバーシティ推進講座」は日本語のみのご提供です。

お申込案内

お申込み・ご相談は、担当営業もしくはこちらお問い合わせください。

contact_diversity3

関連ソリューション

ビジネスコンサルタント(BCon)の考えるダイバーシティとは

BConの考えるダイバーシティは、性別・年齢・国籍を問わず、時間的・空間的にも多様な働き方を認め、働き方を改革していく事で組織としての生産性を高めるという解決策です。弊社はダイバーシティを「多様な人材を活かすことが、組織にイノベーションをもたらし、競争優位の源泉となる価値創造につながる」取り組みであるという積極的な捉え方をしています。

BCon eラーニングとは

BCon eラーニングは、クロスナレッジ社(本社:フランス)が世界の著名なビジネススクール教授陣と共同開発したコンテンツを、BConがより日本向けにローカライズしたものです。BConは日本で唯一このコンテンツを提供できる会社として、2006年サービスを開始以来、日本人にとっての「分かりやすさ」・「使いやすさ」に徹底的にこだわりました。 お客様組織にとって最適な学習をデザインするために、実施・運用をサポートする学習管理システムと学習コンテンツをご提供します。

Norton/Pマーク
ページの上部へ