総合メディカル株式会社

総合メディカル株式会社 『求められる人財像』への道筋が経営理念を支える 〜人事制度への橋渡し OJT育成体系構築〜

  • 人材開発
  • 人材マネジメント

2015年9月掲載

総合メディカル株式会社

総合メディカル株式会社

本社:
福岡県福岡市
事業内容:
医業経営コンサルティング/医療機関への医師の紹介/医師の転職・開業支援/医業継承支援/保険調剤、一般薬・介護用品の販売/医療機器などのリース・販売/入院患者向けテレビのレンタル
従業員:
正社員 3,415名、パート 1,249名(2015年8月1日現在)
HP:
http://www.sogo-medical.co.jp/

「よい医療を支え、よりよい社会づくりに貢献」するために

よい医療は、よい経営から」のコンセプトのもと、医療機関の経営コンサルティングや医師の開業支援・人材紹介、また調剤薬局運営など医療関連のさまざまな事業を展開されてきた総合メディカル様。
「よい医療を支え、よりよい社会づくりに貢献する」という経営理念の実践に向けて、どのような人財を求め、どのように人財育成体系を構築・展開されているかについてお話をお伺いしました。


人財育成体系の構築から運用・定着・評価までをトータルサポート
今後のキャリアアップに期待

総合メディカル様は、医療機器のリース業から事業を開始され、医師や医療機関との接点の中で、さまざまな経営課題の相談を受け、その課題解決への支援を通して、経営コンサルティング、開業支援、調剤薬局事業など総合的なコンサルティング事業へと発展してきました。

これらを実現するためのコアコンピテンス(中核的な強み)と呼べるものがDtoD(ディー・トゥ・ディー)事業(Doctor to Dorctorと呼ばれる医業継承・医療連携・医師転職システム)であり、ドクターの登録数の多さからも、その実績・信頼の高さが伺えます。その信頼の基盤となったのは、経営理念であり、創業者の想い、更にそれを支える”人間力”であるといえます。

日本の医療を支え、今後の日本型ヘルスケアビジネスをけん引していく企業である総合メディカル様。

今回、総合メディカル様では、経営理念の実践のためにも重視されている人財育成を更に強化するため、従来の人財育成体系を、「OJT」を基盤とした体系的人財育成として再構築されました。それに主に携わられた 総合メディカル株式会社 人事本部 人財育成部長兼採用部長の甲佐(こうさ) 貴光様と人事本部 人財育成部シニアマネージャーの水口 真一様に、その経緯をお伺いしました。

目的

『求められる人財像』をブレイクダウン
育成指標の「可視化」を図り、体系的人財育成を構築

弊社では、経営理念にもとづき、どのような役割が求められるかについて、職種・等級ごとに『求められる人財像』を定義していたものの、この人財像に到達するための具体的な育成のための方法論については、不明確であり、課題でした。

そこで、まず『求められる人財像』から、具体的に必要となる「能力要件(コンピテンシー)」を職種・等級ごとに抽出し、それにもとづき「OJT項目」を設定することで育成指標の「可視化」を図りました。それにより社員と所属長がOJTを実践する際の育成指標が明確となりました。また、同時に研修制度・自己啓発制度についてもOJT項目と連動させ再整備することで、すべてが連動した人財育成体系をつくりあげました。現在では、このOJT項目をもとに、社員個々の強み・啓発点を明らかにし育成を促すための「アセスメント研修」を開催し、それを昇格要件とするなど、人事諸制度とも連動した総合的な人財育成基盤ができました。

今回の人財育成体系の構築にあたっては、株式会社ビジネスコンサルタント(以下BCon)の持ち合わせているコンピテンシーの体系や、それに紐づくノウハウが大変参考になりました。また社員が自由に選択し、受講できる自己啓発型集合研修のカフェテリア研修やeラーニングの整備においても、BConのコンテンツを活かすことで、すべてが連動した体系的人財育成としてスタートを切ることができました。

■人財育成体系図

取り組み

OJT体系を通じた現場への育成指標の浸透化

これら、OJTによる育成体系は、現場でのOJT項目表に基づくOJTの実践が不可欠です。その浸透のために、職場ごとにOJT推進を担当する社員を設定し、OJTの関わり方等に関する「OJTガイド」をもとに説明を行い、実践の支援を図っています。

弊社は「よい医療を支え、よりよい社会づくりに貢献する」という経営理念、そしてそれにもとづく行動規準を最も大切な価値判断の規準として社員が共有しており、この理念浸透のために経営陣自らが研修などで直接社員と対話する場を大切にしています。そして、医療を支えている医師・医療機関にどれだけ誠実に向きあえるか、真剣に向きあえるか、といういわゆる“人間力”をとても大切にしています。ですから、OJTにより能力を獲得するだけでなく、経営理念・人間力を併せて、適切に発揮できる人財を育てていきたいと考えています。

弊社のシンボルマークは、「人」をモチーフとして、頭(頭脳=知性)・心臓(ハート=熱意)・身体(行動)の三位一体が重要であるというメッセージを表しています。創業者が「人財育成」において最も大事にしている、この知性・熱意・行動のバランスの取れた教育を効果的に行える環境が今回できたと考えています。

■人財育成の基本姿勢 ※OJTガイド基礎編より抜粋

OJT(On The Job Training)とは…上司・先輩が部下・後輩に対して、仕事(JOB)を通して、仕事に必要な知識・技能・態度などを計画的に指導・育成する計画的な努力の過程である。

本OJTガイドが応えるものは、具体的にどんな知識・技能・態度を指導するのか、という点です。その知識・技能・態度を効果的な行動に結び付けていくものがコンピテンシーです。

『ありがとう』
ドクターや地域の方がたからのこの言葉が、弊社を支えています

弊社事業の1つに、高齢ゆえに閉院を検討する地域のドクターへ、開業したいドクターを紹介する継承支援があります。
ただ、これは人材を紹介するだけでは成立せずに、お互いの医療の考え方やスタンスを理解しないと患者さんを引き継いでいくことは難しくなります。

我々は医療の中身だけではなく、ドクターの人間性も含め、仲介を図っていく中で地域の方がたにとって愛される医療が継承されるよう尽力します。
ドクターに信頼していただき、任せていただける“人間力”をもちあわせなければ、この支援は成り立ちません。
そのためにも、人財をどのように育成していくかが重要になります。

お陰様で、双方のドクターに感謝していただくことに加え、地域の方がたからも感謝のお言葉を頂戴することも多く、地域医療を守れてよかった、お役にたてて良かった、と自社の存在意義を感じる機会に多く恵まれています。

能力開発の機会提供、カフェテリア研修に積極参加

人事本部 人財育成部 シニアマネージャー 水口真一様
人事本部 人財育成部
シニアマネージャー
水口真一様

カフェテリア研修は、営業職、企画職、薬剤師職と総合サポート職、4職種それぞれ8講座ずつの人財育成コースからなる研修制度です。

今までのOff-JTは階層別中心で基本は参加者を指定しておりましたが、カフェテリア研修では本人の希望があれば基本的に自由に受講でき、スキルアップ、キャリアアップに繋げることが可能なので、積極的に受講している社員が増えています。

当初は予想していなかったのですが、女性社員が積極的に研修を受けて、スキルやキャリアステップを上げる機会としています。これは嬉しい効果ですね。今後は要望や結果をみて、カリキュラムを増やすなど、制度を改善していく予定です。

ビジネスコンサルタントを選んだきっかけ

サービス領域の広さ、弊社の人事制度と連動した
総合的な提案力が決め手

今回の人財育成制度の構築にあたっては、弊社のリソースのみではノウハウも時間的にも難しい面があったため、当初より人事系コンサルティング会社に協力を頂こうと考えており、実際いくつかの会社にご提案を頂きました。その中でBConは以前から新入社員研修や階層別研修などで実施実績があり、その内容も魅力的で研修効果も高いと感じておりました。また、今回の制度設計において求めたのは、弊社の『求める人財像』の実現のため、すべての制度が連動した体系的人財制度の構築であり、その点においてBConのサービス領域の広さは大変魅力的であり、それに加えご担当者のコミュニケーションのスピード、そして私たちの求める要求の高さにも臨機応変に対応してくださったことなどがBConを選んだ決め手となりました。

取り組みを通して

抽象的な要望をすぐさま形にしてくれるスピード感が
あったからこそ実現できた新人財育成体系

BConは、こちらが要望を出す中で、決して「これはできない」ということがない上に、人財育成だけではなく制度構築や運用・定着・評価も含めたフルメニューを提供できる、それは、弊社にとっては大事なポイントだったのです。
また、OJT項目を作るにあたって基礎となるさまざまな仕組みやノウハウがBConには最初からあったことも魅力でした。それがあったからこそ、以前はなかなか具体化が進まなかった制度が、今回のようにスピーディーに実現できたと思います。

もちろんその仕組みを、弊社のニーズに合わせて、迅速に組み替えを行っていただけたので大変満足しています。
「自由に選択して受講できる社内研修制度」といった抽象的なイメージを伝えただけでスピーディーにカスタマイズしていただき、今の育成体系や選択型カフェテリア研修という弊社独自の新しい研修制度を実現してもらえたのは非常に感謝しています。

今後への期待

新しい制度の中で成長していく社員を共に見つめていてほしい

人事本部 人財育成部長兼採用部長 甲佐貴光様
人事本部 人財育成部長兼採用部長
甲佐 貴光様

今回、等級制度と連動した人財育成体系が整ったことで、どのような能力が求められているのか、どうやったらキャリアアップしていけるのか、そしてどのように能力開発をしていけばよいかを社員自身が見えるようになり、能力開発に対するモチベーションの向上が期待でき、弊社の人財価値の向上に大きくつながるものと考えています。

教育は単体では存在しないので、今後も会社が求める方向性と連動した目標に向かって力を発揮できる人財を育てるとともに、人事戦略とも結びつけていくことを次のステップで検討していきます。

BConとは今後も長いお付き合いになると思います。今後はこのOJT体系によりスキルアップ、キャリアアップしていく社員の成長を、一緒に見つめ続けていただき、よりよい育成制度への発展を、ともに考えていただければうれしいです。


同じカテゴリのソリューション事例

アイングループ様

アイングループ様

人を育てることで育つOJT体制の構築
OJTリーダーがOJTトレーナーを育て、トレーナーが新人を育てるサイクルを構築し、自ら育ち人を育てる経験をさせる事例

オムロン株式会社 技術本部様

入社3年間の基礎づくりとなる
「人間力向上プログラム」
自己の特性を理解し、チームや組織の生産性を上げるために他社とのつながりやネットワークを築く人間力を築く事例

この事例でカスタマイズ活用した主な商品・サービス

人事マネジメントに対するBConのトータル概念
環境変化に対応した魅力ある組織づくり
人事制度・施策の見直しとともに望ましい組織文化の醸成をサポート
教育体系策定
企業戦略に合致し、戦略遂行を支える教育体系策定を指導・支援
コンピテンシーを基にしたキャリアポテンシャル診断
高い成果を出していくために必要とされるコンピテンシー(個人的属性)の現在の発現レベルを理解するための診断
育成型ヒューマン・アセスメント・プログラム
グローバル時代、成熟時代の人材型アセスメント

  • メールマガジン登録
  • 社内トレーナー支援
お客様が抱えている様々な課題に対して最適な解決策を提供し、組織・人材の成長に寄与したビジネスコンサルタント(BCon)のソリューション導入事例をご紹介します。
cases
Norton/Pマーク
ページの上部へ